7月に並ぶかんきつの様子
News

梅雨も明け、暑さの厳しくなりはじめた7月中旬、西宇和のかんきつと取り扱う流通センターを訪れました。
まだかんきつのシーズンではありませんが、一部の夏に出荷されるかんきつが並んでいます。

流通センター

真っ先に目を引くのは、大きな実に鮮やかな黄色をした河内晩柑(かわちばんかん)です。
お店の方によると、河内晩柑は6月頃から並びはじめ、8月いっぱいまで販売されるということです。

6月の出始めたときは果汁がとても多いそうですが、時期とともにだんだんと水分量が変わり、終わり頃にはまた違う味わいになるといいます。

実際に試食させていただくと、果肉はさっぱりとしてほんのり甘く、酸味はほとんどありません。一方で皮の部分にはわずかに苦味があり、かんきつとしての幅広い味を楽しめます。もしもほろ苦さが苦手な場合は、房になっている薄皮をむいて、果肉だけを食べるのもおすすめです。
木に長く実らせるため、外皮に傷がついている場合がありますが、品質には問題なく、中身はみずみずしくて新鮮です。

河内晩柑(かわちばんかん)

もう一つ並ぶかんきつが温室みかんです。
時期がずれることで夏場にも食べられる上、温室はおいしいみかんを育てるために理想的な環境となっていることから、どのみかんもとても甘く仕上がっています。酸味がなく、甘い果物が食べたい方にはぴったりです。

その他にもいろいろな品種を使ったジュースもありました。ゼリーやジュースなどは一年中楽しむことができ、とても人気があるそうです。
急な暑さで食欲もなくなりがちですが、夏バテしないためにも、このようなかんきつなど、栄養のあるものを食べておきたいですね。

みかんジュース

ニューストップへ 

みかんのご購入 モニターキャンペーン
みかんのご購入 モニターキャンペーン