2月におすすめのかんきつ
News

かんきつの一大産地である愛媛県では、40種類以上のかんきつが育てられています。
品種は次々登場するため、いつ、どのような品種があるか知らなければ見逃してしまいますね。
そこで、2月ごろに登場する、西宇和のおすすめの品種を紹介します。

○伊予柑(いよかん)
伊予柑は愛媛県を中心に生産されるかんきつで、大きな実はジューシーで程よい酸味があります。
さらに「いい予感」ということで、縁起も良いかんきつですね。
出荷時期は比較的長く、3月ごろまで出荷されます。

○甘平(かんぺい)
実が大きく、甘くて平らな形をした甘平。
果肉を包む皮はとても薄く、房を取っただけで破れてしまうほどです。
特筆すべきは何といっても食感で、シャキシャキとした歯応えを感じられます。
種がないのでパクッと頬張ばり、食感や味わいを楽しむのも醍醐味です。

○はるみ
はるみは、ポンカンと清見タンゴールの交配によって生まれました。
それぞれの良さを引き継ぎ、甘味が強く、皮は柔らかくてむきやすいです。味わいは温州みかんにも近く、非常に食べやすくておいしい品種です。

甘平やはるみは、現在西宇和みかんオンラインストアにて取り扱っておりますので、興味があれば、ぜひお試しください。

・西宇和みかん オンラインストア
https://store.nishiuwamikan.com/

ニューストップへ